ホーム > CSRへの取り組み > 7つの活動テーマ > いきいきと働くために

いきいきと働くために

ディノス・セシールらしい商品や、活動が生まれたのは、
思いをかたちにしようと考えた、従業員の力があったからなのです。
だから私たちは、一人ひとりが仕事を通じて自らの成長を実感し、いきいきと働ける環境づくりを大切にしています。

従業員とともに  ~従業員一人ひとりが財産~

ディノス・セシールにとって、従業員一人ひとりが大切な「財産」です。
ディノス・セシールでは、従業員の仕事と生活の調和、ワークライフバランスを推奨しています。仕事外の時間を充実して過ごすことは、新しいアイデアを生み出したり、仕事への意欲を高めることにも繋がると考えています。

子育て社員支援

出産後の復職率は100%です。育児休業制度や、復職後も育児のための短時間勤務など充実した「子育て支援制度」でママ&パパ社員を応援しており、制度を利用する男性社員も増えてきました。

  • 子育て社員支援
  • カウンセリングルーム

家族の介護支援

家族に介護が必要になった場合、時差勤務・短時間勤務・時短フレックス勤務や、介護休暇・介護休業の措置を設けています。

カウンセリングルームの設置

専属カウンセラー・社内スタッフにより従業員の様々な相談を受け、業務において最大のパフォーマンスが発揮出来るようサポートしています。

休暇でリフレッシュ

「勤続休暇」や「ボランティア休暇」など、ワークライフバランスを支援する制度があります。

定期的なノー残業デー

定期的に、部署やフロアごとに「ノー残業デー」を設けています。また、フロアごとの実施の推奨により、事務所の省電力にも一役買っています。

多様性を事業の基本に  ~ダイバーシティ&インクルージョン~

ディノス・セシールでは、多様な商品やサービスのご提供を通じて、お客様の多様なライフスタイルをかなえるという当社事業の使命に応えるため、人材においても多様性があることを大切にしています。新たな価値を創造するには、多様な人材が集う企業であることが重要であり、性別、年齢、地域、国籍・文化、障害の有無、キャリア、ライフスタイルなど、様々な従業員のバックグラウンドを尊重し、活かしていきます。

女性活躍推進法に関わる行動計画

ダイバーシティ推進の一環として、女性が活躍できる企業であるために、当社では、2016年4月の女性活躍推進法の施行に伴い、下記の通り女性活躍推進法に関わる行動計画を策定しています。なお、下記の厚生労働省のサイトでも女性活躍に関する情報を公表しております。

ダイバーシティ&インクルージョン 多様な人材が活躍する企業風土

株式会社ディノス・セシール行動計画

  1. 1 計画期間

    2016年4月1日~2021年3月31日
  2. 2 当社の課題

    • 育児社員が働く上での上司および周囲の社員の理解と協力を更に深める必要性があること(職場全体での風土醸成の必要)
    • キャリア形成について、意識の向上や支援のための体制・仕組みが十分でない
  3. 3 目標

    管理職に占める女性の割合を、(現在の2割強から)3割以上にすることを目指す
  4. 4 取組内容

    • 女性が活躍しやすい職場風土を醸成する
      • トップから「様々な違い」の尊重と活用、特に女性を企業の力にしていくメッセージの発信
      • 女性活躍の社内事例、ロールモデルの紹介等の社内広報活動の展開
      • 女性がリーダーであるプロジェクトの設置
      • 管理職を対象に「女性活躍推進」の重要性の理解を求めるセッション等の開催
    • 今後のキャリア形成意識を高め、支援する体制の構築
      • 人事部内にキャリア開発に関する担当者を設置する
      • 女性社員が積極的にキャリアアップを目指してもらうためのキャリア形成支援研修等の実施
      • 部下のキャリア形成、開発、情報把握を目的に管理職による「キャリア面談」の実施とサポート体制の構築
    • 働き方改革の取組
      • 長時間労働是正のための適正な労働時間管理の日常的実施
      • 多様な働き方の継続的な研究と積極的導入

ページの先頭へ

CSR | 7つの活動テーマ
私たちの進め方
受けとめよう支えよう
いきいきと働くために
みんなが暮らす場所だから
信頼をつなぐために
ディノス・セシールのものさし
子どもと女性と、地域のために