ホーム > CSRへの取り組み > CSR特集:Special07 d-BEAUTY PREMIUM METHOD

特集「ディノス・セシールのCSRストーリー」

Special 07 | d-BEAUTY PREMIUM METHOD | 選択肢の多い時代だからこそ、カタログへの信頼が大切。ココに載っているから買おう!と思えるアイテムを。 | BW本部 美容健康部 コスメ・健食ユニット 武部 恵子 Keiko Takebe

アラフィフからの人生を輝かせたいと願う女性に向け、商品の提案だけでなく、美容に関するメソッドや情報をお届けするカタログ『d-BEAUTY PREMIUM METHOD』。紙面づくりや商品へのこだわり、自身が考えるアラフィフ女性について、編集長の武部恵子がお話しします。

※2016年7月現在での取材内容に基づいています。

本当に必要なことだけを伝える。厳選したアイテム、読みやすいカタログへのこだわり。

今の時代は情報が溢れすぎていて、何を選べばよいのかわからなくなることがありますよね。「d-BEAUTY PREMIUM METHOD」では、自分のスタイルがあり、独自の美意識を持つアラフィフ女性に向け、厳選した美容情報やメソッド、商品を発信しています。ですから、コスメなども色々なカラーを載せず、あえてひとつに絞っているんです。例えば表紙。「このモデルの顔、いいでしょ?」と、提案します。それを次のページで、“この”顔になるには、“この”コスメ、“この”色、メイクメソッドは“これ”と、そのスタイルをまるごと紹介するスタイルです。

このカタログは、その分野のスペシャリストと言われるアラフィフ世代のプロたちと一緒に作っています。本誌を読んでくださるお客さまと同世代のメンバーだからこそ、本当に必要なものが提案できるのかな、なんて思います。ここに載せている全ての商品を皆で試して「これなら大丈夫!」と実感し納得したものだけをセレクトしています。また、紙面づくりをするときも、どうしても多くの情報を載せたくなりますが、「この情報は本当に必要? こんなに書いてあって読める?」と、普通に会話する感覚で話し合いながら、文字の大きさや行間などにも工夫をして、わかりやすく、読みやすいものにしています。

トータルなビューティライフを提案。きれいな生活をしているアラフィフ女性は美しい。

本誌のキーワードでもある「40歳を超えたら“女は見た目”」は、言葉だけ聞くとドキッとしますが、40歳を過ぎると、お化粧にこだわり顔だけ一生懸命彩ったとしても、それだけでその人が美しいとは言えない気がして…。大人の美しさは、その人のライフスタイルが関係してくると思うんですよね。美しい人は、食にも興味を持っていますし、体型維持のために何かしらの運動をするなどの努力をしています。年齢を重ねた女性の見た目を作るのは、その人の美意識や生活も関係していて、それらをひっくるめたすべてが顔に出ちゃう気がするんです。上辺だけをきれいにするのではなく、毎日を健康で丁寧に生活することが大事になってくる年代なんだって思います。「d-BEAUTY PREMIUM METHOD」では、そんな生き方のお手伝いができるように、美容情報や生活メソッド、美容アイテムなどをトータルに提案しています。

本当の美しさは、体の基本を整えること。美ボディをサポートする、毎日簡単にできるビューティーアイテム。

美しいアラフィフ女性は、姿勢が美しく、背中がきれいだったりします。そんな美しさを作り上げるアイテムとして、例えば「アーチドクターAQ」はお勧めです。
これは、今話題の体調整法「足裏リリース」ができます。誰もが体に癖を持っており、その癖を直して整った状態にしなければ、どんなに体を鍛えてもだめなんです。まずは足裏の筋肉を解放してあげること、そして、足裏のアーチを作ることがとても重要です。誰でも簡単にできるので、毎日使っていると自然と足裏のアーチが出来てきますよ。

また、一年中体を温めておくこともとても大切です。そんな冷え対策で好評をいただいているのが「イオンドクター 」のウォーマーシリーズです。

イオンドクター

ウエストウォーマーはお腹からお尻までが温められるように丈を長くし、生地は肌に優しい草木染のガーゼ素材を使っています。草木染の染料に選んだ植物にはそれぞれ意味があって、表の生地には薬効があると言われる「シコン」、肌に当たる部分は、ポリフェノールを多く含む「チェリー」にするなど、色々とこだわりました。また、手首、足首を温めるだけで体全体が温まるので、手首、足首専用のウォーマーもラインナップに追加しました。締めつけ感がないため、寝ている間に装着していても違和感がなく、朝起きた時にはぽかぽかと体が温まっています。

スキンガードの視点からは「粘膜美容」が注目です。日本でも最近耳にするワードですが、ヨーロッパでは昔から知られており、ここで載せている「アンティーム」のようなもので、デリケートゾーンを子どもの頃からケアするのが常識。また、粘膜というとデリケートゾーンを連想し、日本では閉鎖的になりがちな傾向があるのですが、実は、目・鼻・口などにも粘膜はあり、むしろ肌よりもきちんとしたケアが大切で、粘液こそが美と健康の維持に大きな役割を果たしているのだと…。私自身、もう少し早く知りたかったな、と思うアイテムです。

アーチドクター
本誌ならではの「メソッド」も紹介

アンティーム

自然な感覚で取り組みたい。国連UNHCR協会を通じて、難民女性の自立支援活動へ寄付。

2013年より、このカタログで1回のお買物につき20円を、難民支援のため寄付しています。お陰さまで、累計で生理用用品(1年分)604人分相当の支給に繋がりました。「d-BEAUTY PREMIUM METHOD」のメイン読者でもある50代前後の女性は、女性ホルモンの大切さを実感する年代ですよね。私たち日本人女性は、当たり前に女性ホルモンをケアできる環境にいますが、その一方で、難民キャンプにいることで、必需品といえる生理用品さえ使えない女性たちがいます。そういう女性達を支援することは、ごく自然なことなのかな、なんて思いますし、そんな自然な取り組みだからこそ、皆さんにも賛同していただいている気がしています。これからもコツコツと続けていくことで、少しでもお役に立てたら…と思っています。

時代の少し先を行く、美容情報やアイテムを届けていきたい。信頼してもらえるカタログに。

今後時代の変化につれて、お客さまの意識もどんどん移り変わると思いますし、今まで以上にたくさんの情報やモノが溢れていく中で、これからも時代の一歩先を行く情報やメソッド、アイテムを紹介していきたいと考えています。お客さまが「ここが取り上げているメソッドや商品だから、ちょっと試してみようかな」と思えるような、カタログそのものの「信頼」が何よりも大事なんじゃないかと。人間だれもが変化します。その変化に怯えず、その時の自分の状態にあったものを選んでいく力が大切だと思っています。その選び方を迷っているアラフィフ女性の肩を、後ろからちょっと押してあげられるような、そんなカタログになっていけたらいいなと考えています。今の50代が素敵だったら、30代や40代の人たちはきっとそこを目指していくのではないでしょうか。

d-BEAUTY PREMIUM METHOD No.8
『d-BEAUTY PREMIUM METHOD No.8』

自分自身の“美容道”を持ちながら、好奇心を忘れず、新しい美容法にも敏感で、意欲的な、美しきマチュア世代の女性たちへお届けする美容情報カタログ。

ページの先頭へ

CSR | 特集「ディノス・セシールのCSRストーリー」